ドクターズコスメ・サプリ通販TOPゼオスキンヘルス

ゼオスキンヘルス(ZO SKIN HEALTH)

ゼイン・オバジ氏が開発したゼオスキン

『ゼオスキン』とは

ゼオスキンは、医療機関でのみ販売されているドクターズコスメです。アメリカで名高い皮膚科医、ゼイン・オバジ氏が開発に携わり、35年という長い研究期間を経て誕生しました。独自の肌再生プログラムに基づいた治療を行い、美しく健やかな肌の継続を目指すというコンセプトのスキンケアシリーズです。
医師の指導の下、治療プログラムに取り組むため、自身の肌に最適なスキンケアが実現します。ゼオスキンは、市販のコスメでは効果を実感できないという人にぜひ試して欲しい、ワンランク上のスキンケアアイテムです。

知っておきたい肌老化の原因

紫外線のイメージ画像

肌老化の原因として、最も大きな影響を与えるのが紫外線です。紫外線を長年浴び続けることによって引き起こされる老化現象を「光老化」と呼びます。肌トラブルのうち、約80%は紫外線が原因といわれています。光老化の症状は、長年にわたり紫外線を浴び続け、そのダメージの蓄積によって現われます。10年以上、数十年かけて浴び続けた紫外線の影響で、しみやくすみ、しわ、たるみなど、お肌のエイジングサインがじわじわと現れてきます。

『ビタミンA』の重要性

ビタミンAを含んだ両黄色野菜

健康的なお肌には、ビタミンAが豊富に含まれていることが分かっています。ところが、ビタミンAは紫外線によって破壊されるという特徴があるため、ビタミンAが減少し、ダメージを受けやすくなります。ビタミンAは体内では作られないために、食事などから摂取する必要がありますが、スキンケア製品にビタミンAが含まれているものをお選びいただくのが、肌へ作用させるには一番効率的です。

また、ビタミンAには様々な種類があり、肌を強くする「守りのビタミンA」と、肌細胞を活性化させ若返らせる「攻めのビタミンA」があります。この2つの特性をよく理解し、バランスよく活用していくことが重要です。

ゼオスキンの特徴

ゼオスキンを使用した人のイメージ

ゼオスキンは、ビタミンAを長年研究し活用してきたアメリカの皮膚科医、ゼイン・オバジ氏が手掛け、真に美しく健やかなお肌を生み出すスキンケアプログラムとして開発されました。ゼオスキンでは「セラピューティック(治療)」「メンテナンス」「デイリースキンケア」「プロテクションケア(保護および予防)」からなるプログラムで、トータルスキンケアサポートを推奨しています。
それぞれのプログラムで、適切なビタミンAを使用していきます。
治療とされるセラピューティックでは、ビタミンAの中で最も強い効果を発揮する「トレチノイン」や、お肌の漂白剤ともいわれる「ハイドロキノン」を含む『ミラミン』『ミラミックス』などを使用し、美しく健やかな肌を目指します。その後のメンテナンス・デイリーケアでは、守りのビタミンA「パルミチン酸レチノール」や、攻めのビタミンA「レチノール」などを配合した製品を組み合わせ、肌状態に合わせたケアを行っていきます。

ゼオスキンの効果

ゼオスキンで肌ダメージが回復するイメージ

ゼオスキンは、特に年齢肌が気になる人におすすめの製品です。「若いころよりも肌の弾力が落ちた」「シミやくすみが目立ってきた」と感じている人は、ぜひゼオスキンの肌再生プログラムをお試しください。乾燥肌や敏感肌といった肌トラブルを抱える人は、ゼオスキンで肌質そのものを改善しましょう。
年齢は若くとも、生活習慣が乱れていたりストレスを抱えていたりすると、肌の老化が加速してしまいます。肌トラブルが発生してしまっては改善に時間がかかるので、美肌を維持したいという人は、年齢にこだわらずにご使用されることをおすすめいたします。

ゼオスキン独自の治療プログラム『セラピューティック』

セラピューティック治療の周期イメージ図

『セラピューティック』と呼ばれる治療プログラムでは、どのような流れで肌を再生させるのか、具体的にご紹介します。
セラピューティックとは、ハイドロキノンとトレチノインを組合せ12~18週間で美しく健康的な肌に導くスキンコンディショニングプログラムです。期間は3段階に分けられ、肌の状態に合わせた治療が行われます。

① 反応期(4~6週間)

古い肌から新しい肌へと生まれ変わる時期です。厚く積み重なった角質が剥脱するため、肌が赤みを帯びたりニキビが悪化したり、人によってはピリピリとした痛みを感じることもあります。
化粧荒れと勘違いする人も少なくありませんが、正常な反応なのでご安心ください。我慢できないほどの痛みを感じる場合にはご相談ください。

② 耐久期(4~6週間)

反応期を過ぎると、肌に耐久性と抵抗力がつきます。反応期には目立っていたシワやシミが、徐々に目立たなくなるでしょう。「肌にハリが出ている」「毛穴が目立たなくなった」と感じたら、順調に肌の健康状態が改善されている証拠です。

③ 完成期(4~6週間)

セラピューティックの最終段階です。肌トラブルが改善されて、美しく健やかな肌が安定するでしょう。生まれ変わった美しい肌を維持するために、次の段階に進む準備をする期間に当たります。

ゼオスキンシリーズには、20種類を超える豊富なアイテムがありますが、全てを同時に使用するわけではありません。「セラピューティックプログラム」による治療や、治療後の健やかなお肌を維持するための「メンテナンスプログラム」、肌トラブルを未然に防ぐことを目指す「デイリースキンケアプログラム」など、プログラム別にアイテムを選択して使用します。また、肌の状態に合わせてオプションを追加したり減らしたりと、柔軟なアイテム選択が可能です。
どのような肌トラブルを改善したいのか、どのような美肌を目指したいのか、医師とよく相談しながら、自身に合ったアイテムを探しましょう。

ゼオスキンの入手方法

ドクターズコスメであるゼオスキンは、スーパーマーケットやドラッグストアのような小売店では販売されていません。医師の治療を受けなければ使用できないアイテムであるため、取り扱いは美容クリニックや医師が運営に携わる通販サイトに限定されています。
ゼオスキンを試してみたいという人は、まずは最寄りの美容クリニックにご相談ください。

ゼオスキンの使い方

ゼオスキンの商品ラインナップ

ゼオスキンを入手したら、まずは正しい使用方法をよく確認しましょう。
すぐに効果を実感したいからといって、勝手に使用量を増やしてはいけません。定められた使用量を守ってご使用いただくようお願いいたします。 ※推奨されていない分量で使用すると、かえって肌トラブルを起こす可能性もあります。特に攻めのビタミンA「レチノール」が配合されている製品などは、正しくご使用ください。

よくあるご質問

ゼオスキンシリーズについて、よくあるご質問とその回答をご紹介します。

Q1.副作用はありますか?
ゼオスキンを使用すると、ビタミンAの反応として、赤みやかゆみといった症状が現れます。また、反応期には古くなった角質が剥がれるため、肌の皮むけといった症状もみられますが、正常な反応なのでご安心ください。
Q2.妊娠中でも使用できますか?
妊娠中は「セラピューティック」と呼ばれる治療は行えません。
デイリーケアで使用する、守りのビタミンAを配合した製品『デイリーPD』や『RCクリーム』、その他ビタミンAを含まない製品はご使用いただけますが、攻めのビタミンA「レチノール」が高配合されている製品『スキンブライセラム』『Wテクスチャーリペア』『ARナイトリペア』などのご使用はお控えください。
ただし、デイリーケアの製品でもお肌に変化が見られる場合は、ご使用をお控えください。
Q3.敏感肌でも使用できますか?
敏感肌の場合は、いきなりセラピューティックから始めるのではなく、ビタミンAが配合されている「デイリーPD」や「RCクリーム」などでお肌を慣らしてから、セラピューティックを開始することもできます。
Q4.セラピューティック中にメイクはできますか?
可能です。ただし、反応期にメイクをすると痛みやかゆみを感じることがあります。ゼオスキンの日焼け止めを化粧下地として使用すると、症状を抑えられます。
Q5.他のスキンケアアイテムと併用できますか?
ゼオスキンはシリーズを集中的に使用することで、効果を発揮するコスメです。他のスキンケアアイテムと併用すると、肌トラブルが発生したり、十分に効果を得られなかったりする可能性があります。
他のスキンケアアイテムは使用せずに、ゼオスキンシリーズのみの使用をおすすめします。
Q6.ゼオスキン(セラピューティックプログラム)を使用しても、反応が現れません。効果がないということですか?
ゼオスキン製品を使用して起こる反応には、個人差があります。中には反応が現れにくい人もいますが、効果を実感できなければご相談ください。肌の状態に合わせて、使用頻度や使用量をアドバイスいたします。

メーカー別商品リスト

カテゴリーで探す

価格で探す


TOP